8日で最大4.7kg減!味噌汁ダイエットで確実に体重を減らす必殺技

若い頃は自分もスマートだったけど今の体を鏡で見ているとちょっとげんなりする・・・この浮き輪みたいな腹、摘んで捨てられればいいのに・・・

こんな思いをしている方は多いですよね。

30代、40代、50代と年を重ねるごとにどうしても贅肉がつきやすくなりますが、逆にいくつになってもスマートな人もいます。

羨ましいと思いますよね?
彼らと私たちは何が違うのか。

その違いを生み出しているものを手に入れたら、あなたも「何歳になってもスマートでいられる体」が手に入ります。

今回はその「違い」を手にいれる為の方法としてファスティング・ダイエットを紹介しつつ、筋力を落とさずにスマートになる為の方法<味噌ファスティング>についてもお話します。

ファスティングというと「断食」をイメージされると思いますが、本来のファスティングは水以外に飲み物や低カロリーの食事を行います。

準備期間(1日) ファスティング期間(3日程度) 回復期間(1日)というスケジュールで行うことが一般的です。

しかし、実際毎日働いている方が取り入れるにはかなりハードルが高いと思いませんか?

そこで今回は働きながら体を少しずつ作り変える為の「食事置き換え型味噌汁ダイエット(プチファスティング)」をメインにご紹介します。

この方法は

  • 働きながらで続けやすい

  • 確実に筋肉がつき、脂肪が落ちていく

  • 通常のダイエットよりもはるかに続けやすい

という特徴があります。

もちろんある程度お腹は空きます。

でも、確実に成果が出て、しかも美味しくて手軽な味噌汁を飲むだけという簡単なやり方だったら・・・

毎日働いている皆さんでもできそうだと思いませんか?

この方法を上手に組み合わせて最大限に利用した人は8日間で4.7kgの減量に成功した人もいます。

「体を作り変えたい」という思いがある皆さんならきっとやりきれます。

さぁ新しい一歩を踏み出してみましょう。

1 なぜ太ってしまうのか あなたの体に何がおこっているのか

  • あなたの脇腹に付いた脂肪、背中に付いた脂肪。
    摘んでも引っ張っても、取れてくれないこの無駄な肉。この肉をなくせたら体は一気にスマートになりますよね。まずはその前に「なぜこの肉が付いてしまったのか」を考えていきましょう。

1-1 脂肪はエネルギーの貯蔵庫

動物は体を維持し・動かすためにエネルギー源が必要です。
人間の体は糖質と脂質(脂肪)をエネルギー源にしています。

糖質は即効性の高いエネルギー源ですが、体内では筋肉や肝臓の中にグリコーゲンと言う形で存在します。

グリコーゲンは素早く使うことができるのですが、体内ではわずかしか貯蔵できません。

一方で脂質は大量に貯蔵することができます。

筋肉や肝臓など限られた場所ではなく、内臓脂肪や皮下脂肪の形で貯蔵できるのが特長です。

人間の体はいざという時のために、日常生活で余ったエネルギーをどんどん蓄えると言う特長があります。

 

まとめ

  人間の体は「日常生活で余ったエネルギーを脂肪にして蓄える」

 

1-2 ダイエットの鍵は基礎代謝 (体を維持するために必要なエネルギー量 )

それでは1日の食事をどのくらいのエネルギーに抑えれば太らずに居られるのでしょうか?

それは下の式で求めることができます。

人間の一日の必要なエネルギー量 = 基礎代謝(約70%)  + 生活で使うカロリー(約30%)

 

基礎代謝とは内臓を動かしたり体温を維持するなど、生きていくために最低限必要なエネルギーです。

生活で使うカロリーは日常生活の中で歩いたり、階段を登ったりする中で消費するエネルギーです。

特に運動をしていない人はこの2つを足したものが「日常生活で必要なエネルギー」です。

一般的な20代〜40代の男性であれば基礎代謝は1400kcal〜1500kckal近辺です。

 

基礎代謝量計算式(ハリス・ベネディクト方程式)
一日の基礎代謝量(kcal)
男女によって計算式が異なります。

◎女性の場合の計算式
女性:665+ 9.6×体重(kg)+1.7×身長[cm]-7.0×年齢

◎男性の場合の計算式
男性: 66+13.7×体重(kg)+5.0×身長[cm]-6.8×年齢

 

 

まとめ 

  特に運動をしていない成人男性は2000kcal近辺が「日常生活で使うエネルギー」

 

1-3 逆算のダイエット 1年でどれくらい太ったかから何をすべきか考えよう

基礎代謝や生活で使うカロリーなど難しいことを考えずに簡単に理解する方法があります。

それは「1年でどれくらい太ったのか」から逆算することです。

人間の脂肪は1kgで約7000kcalあります。
もし、1年で5kg太ってしまったとしましょう。

特別な運動をしていない限り、これは全て脂肪です。この脂肪を蓄えるために必要だったエネルギーを計算してみましょう。

<1年あたり>
5kg × 7,000kcal = 35,000kcal (フルマラソン15回分 70個分)

1年は365日ですから概算では1日100kcalオーバーしていたと言うことがわかります。

100kcalというとわずかな量ですが、それを毎日続けると5kgの脂肪になってしまうのです。

1-3-1 悲しい現実! 元の体に戻すには100kcalの減量では足りない

ここが勘違いしがちなポイントですが一日100kcalを減らせば元の体に戻っていくでしょうか?

実は戻りません。

100kcalの削減で手に入るのは「体重がこれ以上増えない生活」です。

今まで体に貯めてきた脂肪を減らしていくにはそれ以上に削減する必要がありますよね。

仮に太った時間と同じ1年かけて5kgの脂肪を削減するには「現状維持のための-100kcalに加え、痩せるための-100kcal」が必要になります。

 

1-3-2 5kgを落とすために必要な削減量と時間

削減カロリーと5kg痩せるために必要な時間を表にまとめてみました。

1年で5kg増えた人が痩せるには

これを毎日削減する必要があります。
足すのは簡単ですが引くのは大変ですよね。

それでは次の章ではこの「引き算」を簡単に実践する方法を紹介します。

 

まとめ

「太った量」から逆算すると「食べ過ぎた量」がわかる
痩せるために必要な削減カロリーがわかればダイエット期間と1日の削減量がわかる

 

2 ダイエットの基本! 「削減」を徹底的にわかりやすく考える

それではダイエットの基本である「削減」を解説していきます。

今回はサラリーマン向けに徹底的にわかりやすくて、実行しやすい方法とその簡単なやり方を紹介します。

いくら記事を読んでも「これは毎日働いている私にはやれそうにないな」というものでは全く意味がないですよね。

  • 2-1 サラリーマンが削減しやすいのは 朝ごはんと昼ごはん

さて、昼間会社で働いている皆さんがダイエット(カロリー制限)をするとしたらどうするのがベストでしょうか?

私だったら朝ごはんと晩御飯は自宅で食べるのでここはあまりいじりたくないところです。

特に仕事で疲れて帰ってきた時の家で食べる晩御飯であれば、なるべく制限せずに食べたいというのが本音です。

であれば削減できるのは実質的にはお昼ご飯がベスト・・・なんですが

お昼ご飯は外食でランチを食べているというサラリーマンの方は実はここも削減しづらいところ。

例えば外食のラーメンでありがちなこってり系のラーメンや、ボリュームが多いつけ麺は1000kcalを越すこともあります。

成人男性の「一日に必要な生活エネルギー量」が2000kcalですから、外食のラーメンでもう半分を使ってしまう形になってしまいます。

ではこのお昼ご飯の外食ランチを何かに置き換える方法をご紹介します。

いきなり日常生活から1000kcalが削減できたら・・・こんなに嬉しいお話はないですよね。

また朝ごはんの置き換えはとても楽なんですが、、、これだけでは制限できるカロリーが少ないので効果がわかりづらくなっていまいます。

そのため夜20時以降は固形物を食べないなどの制限をかける必要があります。

2-2 お昼ご飯や朝ごはんの置き換えでできる 簡単味噌汁ダイエット

お昼ご飯のラーメンや美味しい朝ごはんを味噌汁に置き換える・・・
考えただけでお腹が減りそう・・・
まともに仕事ができなさそう・・・

そう思いますよね。
私も以前はそう思っていました。

しかしやってみるとこれが意外と出来てしまうんです。

それは味噌がタンパク質豊富なスーパー発酵食品で、ありがちなダイエット食と異なり塩分もしっかり取れるからです。

この「味噌汁置き換え」は「ファスティング(断食)」という手法です。

固形物を取らず、胃を空っぽにする時間を意図的に作ることで内臓を休め、体を中から綺麗にしていく事を目的にしています。

カロリー制限も勿論できるのですが、健康になり、内臓を休め、胃が小さくなります。

味噌汁ファスティングは高タンパクな味噌の力を使う事で「筋力・体力」を落とさずにファスティングができるのが嬉しいところ。

せっかく体重を落としても筋力も落ちてしまい「太りやすい体」になってしまっては全く意味がありませんからね。

2-2-1 朝ごはんを置き換える時は 夜8時以降は固形物は取らないように

朝ごはんを具なしのファスティング用味噌汁に置き換えるだけで簡単に体重を落としたという人は何人もいます。

詳しくは「こちら」をご覧ください。

夜8時以降は固形物は取らない

  • お酒やコーヒーを控えるとさらに効果的
  • お昼と晩ごはんは普通に食べていい

朝ごはんは比較的置き換えやすい生活習慣です。

忙しい朝、専用の出汁入りの味噌をお湯で解くだけですから普通の朝ごはんを食べるよりむしろ手間は省けます。

 

ポイント 

夜8時から翌日の12時まで固形物をとらないことで「胃腸が空っぽ」の時間帯を長時間確保する

 

2-2-2 お昼ご飯の置き換えは効果絶大 ランチの環境整備が命

晩ごはんがどうしても遅くなってしまう人やついついお酒を飲んでしまう人はこちらがおすすめ。
お昼ご飯を味噌汁に置き換えるのです。

お昼ご飯を定食屋さんやラーメン屋さんなどの外食で済ませていた方には効果絶大です。

12時から17時くらいまでの間に3杯程度の味噌汁と同量の水を飲みます。
「お腹がすいたな」と言うタイミングで自由に飲んでもらって結構です。

もちろん空腹感は感じますが、一食抜いていることを考えれば「我慢できなくもないな」という程度です。

ただ難しいのは味噌汁を常備する環境にあるかどうか。
職場の冷蔵庫と給湯室が使用可能であれば比較的話は簡単です。

外回りの営業を車でされている方であれば、大きめの魔法瓶が必要になります。

歩いて回っている方は・・・根性が必要になりますがそれもいいトレーニングかもしれません。

ラーメン一食のカロリーは場合によっては1000kcalを超えますから効果は絶大です。

2-3 食事を削っても栄養価を削っては意味がない 私の場合は味噌汁ダイエットの専用商品を使用

「太ってしまったな・・・」という方が食事を一食抜くというのはカロリー的には問題はありません。

しかし人間の体はカロリーだけでできているわけではありませんから、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど体に必要なものは効率よく摂取する必要があります。

 

せっかく脂肪を落としても筋肉も一緒に落としてしまっては基礎代謝が大幅に減ってしまいます。

これでは食生活を戻した途端に強烈なリバウンドが待ち構えている状態です。

せっかく痩せるのなら、筋肉は落とさず、むしろ増やして「太りにくい体」を作ることを目指すべきです。

私の場合は必要な栄養素を100%ナチュラルな材料から配合されているファスティング専用の味噌を使用しています。

入金確認後5日以内発送★楽しく美味しい味噌ファスティング専用ペースト THE KOJI美人 900グラム

(ファスティング用味噌 KOJI美人)

 

この味噌は菊芋、切干し大根、昆布、椎茸、人参の葉など通常の味噌では使わない野菜なども含まれており、

通常の味噌ではどうしても足りなくなってしまう栄養素(ビタミン・ミネラル)を補うための工夫がなされています。

 

栄養不足や筋肉の減少を気にせずに確実に痩せることができるのが魅力です。

出汁の成分もすでに含まれているのでお湯で解くだけで美味しい味噌汁になるのもポイント。

いちいち出汁をとるのは毎日続けると実はとても大変なんです。

  • 2-4 8日間で7kg痩せた方法はこれ! 朝ごはんとお昼ご飯を味噌汁に置き換えて夜は好きなものを

短期で体重を落とそうとすると大変です。

しかし、この朝ごはんとお昼ご飯の味噌汁置き換えを組み合わせて、実施したかたがいます。

その方は8日間で4.7kgの減量に成功しています。

しかも筋肉量は変わらずに体脂肪のみが7%も減っていたのです。

筋肉が落ちずに脂肪だけが減ったという理想的なダイエット。

さらにファスティング専用味噌を使用したダイエットなので肌ツヤが良くなる、お腹の調子が良くなる、集中力が向上するなどの嬉しい副次効果もあったそうです。

スリムな体も手に入り、健康にもなってしまう。

こんなにうれしことはないですよね。

3 「ファスティングは続けられない・・・」を改善したファスティング専用味噌

ご紹介した通り、この味噌は「ファスティング用」として特別に開発されたものです。

なぜ、こんなニーズがあるかというと短い期間で一気に体重を落としたいという都合のいい事を考える人たちが案外たくさんいるからです。

3〜7日ほど、このファスティングを行うというかなりハードなメニューもあります。

通常、「ファスティング=断食」はとても辛く、なかなか続ける事ができません。
またファスティング期間中はまともに動けず、ましてや仕事なんて全くできません。

しかし、このファスティング用味噌はタンパク質、ビタミン、ミネラルなど体に必要な成分が揃っていますから「お腹は減っていても体は動く、頭は働く」という状態はなんとかキープしてくれます。

ファスティングが辛すぎる という人たちを助けるためのファスティング食品。それがこの「ファスティング専用味噌」なのです。

それをサラリーマンのダイエットに応用したのが今回の「サラリーマン向け 誰でもできる簡単味噌汁ダイエット」です。

3-1 ファスティング専用味噌なら継続がとても簡単

もちろんこれまで食べていたものを味噌汁に置き換えるわけですから「お腹いっぱい」は我慢しないといけません。

しかしダイエットで陥りがちな「リバウンド地獄」や「栄養不足で不健康に」には陥らずに済みますから「信じて続ければいい」のです。

これはある意味簡単です。

また、前述した通り出汁や体に必要な栄養素は完全に入ってますからお湯で解くだけです。

私の場合はプロテインシェイカーに水を150mlとファスティング用味噌を大さじで一杯いれてシェイクします。

そのあと水と同量のお湯をいれて「ぬるめの味噌汁」の出来上がりです。

実質的な手間はお湯を沸かすだけですから忙しい朝の時短効果は抜群です。

お昼ご飯を置き換えた人は、今までランチで使っていた待ち時間やご飯を食べている時間を他のことに使うことができます。

本を読んだり、ブログを書いたり、仕事の準備をすることができます。

一日ランチで使っていた人は一日に1時間を増やすことができますから「時間の貯金」をすることができます。

 

私がぬるめの味噌汁にこだわる理由

ぬるめの味噌汁と言うのも実は一つのポイントです。
この味噌ファスティング専用味噌は生味噌と言って加熱処理をしていないタイプの物です。

このタイプは麹菌や麹菌から出る大量の酵素が生きたまま含まれています。
70度を超える高温では酵素がパワーを失ってしまいますから生のままで体に入れていきたいのです。
この辺はちょっと気持ちの問題も有りますが、私のこだわりとして実施しています。

 

3-2 オススメは3ヶ月 体を作り変えるサイクルを利用して「生まれ変わる」

この味噌汁ダイエットですが、例えば週に4日実施し、金・土・日は普通の生活をするというスケジュールを実施したとします。

ではこれをどれくらい続けるべきでしょうか?

例えばランチを減らした場合、一週間で2000kcalは楽に削れますから1ヶ月で1kgを減らすことは簡単です。

私はこのダイエットは3ヶ月くらい続けることをお勧めします。
理由は筋肉がつく時間が3ヶ月と言われているからです。

筋肉さえついてしまえば、基礎代謝が上がりますから太りにくい体を作ることができます。

3-4 運動をちょっと追加するとさらに効果的 みるみるうちに体が変わっていく

当たり前なんですがこれらの味噌汁ダイエットにちょっと運動を追加するとさらに効果的です。

ちょっと走ってみる。
家でちょっとスクワットをやってみる。

たんぱく質豊富な味噌ですからトレーニングとの相性もバッチリです。

運動後30分以内は体の中で成長ホルモンが出ている「ゴールデンタイム」と言われています。

この時間内に筋肉にたんぱく質を届けると筋肉がつきやすいということがわかっています。

いわば天然のプロテインですね。

4 味噌汁ダイエットのまとめ

これまで味噌汁ダイエットの基本的な利用方法を説明してきました。

最後に改めて特徴をまとめてみます。

4-1 味噌ファスティングのメリット

味噌ファスティングのメリットは

  • ダイエット中に陥りがちな「筋肉減少によるリバウンド」を防ぎやすい

    ビタミンやミネラルなども豊富に含まれているので安心してカロリーを制限できる

    専用商品を使えばお湯で溶くだけなので簡単

    簡単なので続けやすい

    確実に痩せることができ、筋肉がつく

です。

4-2 味噌ファスティングのデメリット

一方で味噌ファスティングのデメリットは

  • お昼ご飯、朝ごはんを置き換えるのでその楽しみが減る

    いい意味で体型が変わってしまうので服が合わなくなる

    我慢できる範囲ではあるが、結局お腹が空く

    胃が小さくなってしまい少食になる

    実施中は体温の低下を感じる人もいる 一枚多く着込みましょう

です。

自分を変えるのですから当然体に影響が出ます。
でも少しずつ対処していけば対応可能なものばかりです。

4-3 SNSを活用しよう! Facebookグループやブログで情報交換

4—2で感じたデメリットを最小化するにはSNSの活用が有効です。

こちらのfacebookグループやブログで相談することで悩みを簡単に解決することができます。

また、実際に実行してダイエットを成功させた人がたくさんいるのも安心ですよね。

>>facebook の公開グループ 「身体も心もそして地球も美しくする味噌ファスティング部

>>ブログ 発行探検隊

4-4 オススメはブログを書くこと 継続性のアップと値引き購入

オススメはブログを書くことです。

え?それだけ?と思われる方も多いと思いますが、ブログを書いて「私はダイエットをする」公表すると、それだけで継続の力になります。

自分でやっているTwitterやInstagramに連動させるとさらに「引っ込みがつかなくなる」のでオススメです。

恥ずかしがらずにまず実行してみるのがポイント。

ブログを書くと専用商品を値引き購入することもできるのでそこもオススメポイントです。

 



味噌ファスティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です