プロテインとファスティング味噌はどちらが良いか

僕がやっている味噌ファスティング。

 

朝ごはんを専用の味噌で作った具なしの味噌汁に置き換えるだけの簡単ファスティング(断食)です。

朝ごはんを固形物なしにしているだけなんですが、前日の晩御飯から翌日のお昼ご飯までの間の15時間くらいを断食することができます。

これを毎日続けるとちょっとずつ自分の設定体重が下がっていき自然と痩せてしまうのです。

 

僕がこの味噌ファスティングがいいなと思うのは、大豆タンパクがたくさん取れるからです。

タンパク質 = 体づくりの材料

タンパク質はすべての生命の材料です。

人間の体はほとんどタンパク質でできていると言っても過言ではありません。

ですから、味噌ファスティング以外の方法でファスティングをしてしまうと、筋力が一気に落ちてしまうのです。

 

では、仮に、朝ごはんをプロテインに置き換えたらどうなるでしょうか?

トレーニングをメインにしたダイエット業界では「朝ごはんをプロテインに置き換える」という方法が結構やられているようです。

 

基本的にはこの方法でも筋肉をつけながら痩せていくことはできます。

しかし、どうしても商用のプロテインに糖分が含まれているのでそこがちょっと勿体無いところ。

 

プロテインと味噌ファスティングの最大の違いは 発酵 にあり

味噌は発酵食品なんですが発酵食品の何処がどんな風にいいのかはみなさんあまりよくわかっていないのではないでしょうか?

 

いろいろ原因はあるんですが、間違いなく、確実に言えるのは「発酵は物質を細かくする」ということです。

 

では、大豆タンパク質は発酵によって何になるのか?

正解はアミノ酸です。

実はタンパク質はアミノ酸が数珠繋ぎになったものなのです。

 

そして、発酵の過程で「タンパク質分解酵素」というものが働き、タンパク質をアミノ酸に分解しているのです。

発酵食品である味噌はアミノ酸がたくさん含まれています。

 

人間は食べ物を消化(溶解・分解)して吸収して体に取り入れます。

 

タンパク質として食べたものは、分解という過程を経て体に入ります。

しかし、アミノ酸の形で食べれば、さらにスムーズに効率よく体に入るのです。

 

ファスティング味噌で作った味噌汁はプロテインを摂るよりも効率よく体を作っていくことができるんです。

 



味噌ファスティング


この記事の執筆者

体脂肪10%を目指すhamasakiさん

久しぶりにダイエットを始め、ちょっと勉強したら低GI系のダイエットにたどり着きました。 大学院時代、微生物や高分子化学を専攻していたことを思い出し「これ専門分野だったなぁ」と感慨に浸ってます。 朝ご飯を抜くプチファスティングが自分に合っていると気づき味噌汁ファスティングを継続中 (2019/06/10)68kg 体脂肪17% (2019/09/30) 63kg 体脂肪率14.5

WEBサイト:
https://solar-club.jp/member/hamasaki/

朝ごはんを味噌汁に置き換えるだけのプチファスティング

ぷにぷに脂肪と7日間でお別れ!本気で始めよう!味噌汁ダイエット

アーカイブ

イベント情報

人気記事

おすすめ記事

最新記事

味噌ファスティング