睡眠リズムってめっちゃ大切!美肌を作る寝る前のルール


 

なかなか寝つけへん!

夜中にちょこちょこ目が覚めてまう!

しっかり寝たつもりやねんけど、なんか朝からだるい!

とってことに心あたりがあったら、

睡眠前の習慣を見直してみて。

睡眠が足りてへんかったら、肌にも影響が出るし、

睡眠環境を整えていった方がいいで。

 

睡眠とホルモンってどんな関係?


 

睡眠をとるってことは、

身体や脳を休めるだけちゃうねん。

睡眠は、肌の新陳代謝を助ける「成長ホルモン」の分泌を促すねん。

美肌を作るためにも毎日の睡眠リズムを整えて、

質の良い眠りをちゃんととるんが大切やで。

 

上質な睡眠に導く「眠る前の習慣」3つ

朝がきたら目が覚めたり、

夜になったら眠くなるのはなんでかわかる?

実は「コルチゾール」と「メラトニン」というホルモンが関係してんねん。

コルチゾールは、起床してからの活動が

スムーズに送れるように準備をする働きをするねん。

メラトニンは、夜がきたら寝る準備をする働きをするで。

これが「体内時計」って呼ばれてるやつやねん。

体内時計を整えつつスムーズな眠りにつける方法を紹介するで。

 

入浴

 

1日の汗と疲れをとるために入浴する人が多いやろけど、

入り方を工夫したら幸せホルモンのメラトニンの分泌率がアップするで。

ゆったりとした気分でぬるめのお湯に浸かることがポイントやで。

お気に入りの音楽をかけながらリラックスして入浴もいいで。

 

アロマの香り

 

香りと脳はとても密接な関係にあるねん。

アロマの香りって、めっちゃリラックスできるやんな。

自律神経も整うし、気持ちが落ち着くで。

ラベンダーとかネロリ

お香にも使われる「サンダルウッド」は馴染みもあるし、

幸せ気分になれるで。

 

部屋の明るさを調節

 

薄暗い照明の部屋に居たら眠くなった経験ってない?

寝室は白っぽい蛍光灯色の照明より、

オレンジ色の温かみがある色の「白熱電球色」が適してるで。

ほんで、深い眠りを得るんは、

部屋の明かりをちょっとずつ落としていくことがポイントやで。

スマートフォンなどのブルーライトが出てるものは、

脳を覚醒させる作用があるねん。

だから、寝る前は遠ざけるようにしてな。

どうしても遠ざけられへん時は、

ブルーライトカット機能のレンズが入ったメガネがおススメやで。

 

 

 

美肌を作るんは質の良い睡眠が必要やで。

毎日の睡眠を工夫して、ハリ・ツヤ肌を目指してな。



味噌ファスティング

コメントを残す


この記事の執筆者

misofastinglove

アーカイブ

イベント情報

人気記事

おすすめ記事

最新記事

味噌ファスティング