味噌ファスティング終了後の復食期間の過ごし方

味噌ファスティングの効果を持続させるよう、
リバウンドしないように
通常食に戻すことがとても大切です。

復食期間はファスティング後に、徐々に通常の食事に戻すための期間です。 
復食がファスティングの成功の鍵をにぎっていると言っても過言ではありません。 


ファスティング中は内臓をしっかり休め、老廃物や不要なものを輩出した状態になっているため、 
いいものも悪いものも吸収しやすい状態となっています。 

できれば、ファスティング期間と同じ日数をかけて、 
少しずつ固形物を取り、復食することで、 
リバウンドなく、ファスティングを終えることができます。 

ファスティング中、綺麗になった腸内に、善玉菌のエサとなる食べ物を食べることで、 
さらに腸内環境をよくすることができます。 

復食期間中も、毎食前に味噌汁を飲んで頂くことをお勧めいたします。 

復食期間中の食材は、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多い食材を選ぶようにして下さい。 

ま:まめ 豆製品…大豆・小豆・味噌・豆腐など 
ご:ごま ごまなどの種実類…ごま、ナッツなど 
に:にく 良質な肉、ジビエなど(ファスティング終了後4日間は食べない) 
わ:わかめ 海藻類…わかめ、ひじき、海苔など 
や:やさい 野菜類…葉野菜、根菜などできれば赤・緑・白の野菜 
さ:さかな 魚類…切り身の他、小魚や貝類など丸ごと食べられるものなど(ファスティング終了後4日間は食べない) 
し:しいたけ きのこ類…しいたけ、えのきたけ、マッシュルームなど 
い:いも イモ類…ジャガイモ、サトイモ、かぼちゃなど 

※動物性タンパク質はファスティング終了後4日間は食べないように気をつけてください。 

復食期間終了後、通常食に戻してからも、朝食には味噌汁を飲むなど、 
日々の生活に酵素を取り入れた生活をしてみませんか?

私が使っているファスティング専用味噌はこちら


味噌ファスティング

コメントを残す