【発酵探検】有名酒蔵見学会に参加してきました

本日も発酵の世界に魅了されている探検隊長です。

静岡県の地酒といえば「開運」!
先日、とあるご縁から土井酒造さんの酒蔵見学に
ご一緒させていただきました。

まずは、ご立派な酒造の門前にてパチリ。

なんとも趣のある佇まいですよね。

 

 

今回、ご縁を頂きました、Kさん、Rさん、Kさん改めまして、感謝申し上げます。

ご案内いただいたのは、ビシッとスーツを着こなしていらっしゃる土井さん。
お忙しい所、ありがとうございました。

 

米と米麹と水とを原料として発酵させてこしたもの

 

恥ずかしながら、私これまで日本酒について経験も体験もほとんど
といっていいほどございませんでした。
これが、日本酒の定義だそうですが。。。

作業工程が全然イメージできておりませんでした。

ところが、今回ご一緒させていただいた皆様は、全国の酒蔵を訪れている
超有名ソムリエさんや、日本酒のためのお家をお持ちの日本酒マニア様など。
日本酒の世界に足を踏み入れた私のワクワクは止まらなくなってしまいました。

 

 

 

まずは精米の機械から。
私たちが毎日口にするお米とは違い、お米が割れないように
ゆっくりゆっくり丁寧に精米するそうです。

精米
洗米
浸漬
水切り
蒸きょう
放冷
酒母

聞きなれない言葉ばかりですが、
製造工程の一部だそうです。

そして、こちらが麹が生きている、絞る前の状態。
ポコポコと泡が発生しています。
甘い、優しい香りに包まれて幸せ〜!!

 

この工程が面白かった!
私たちがスーパーで見かける酒粕は、
こうしてペロペロと剥がされているとは!

 

 

一枚一枚、丁寧に剥がされて箱つめされていました。

お土産にいただいたのですが、
液体にしたり、冷凍でも保存できるそうです。

生きた麹菌たっぷりな酒粕料理はこれからの暑い季節にも
重宝しますね。

 

 

酒蔵の歴史を伝える古民家

 

 

素敵なお庭を通り、美しくリノベーションされた古民家に入ると
ずらりと並ぶ賞状。

毎年、社を挙げて挑戦をされている
土井酒造さんのお取り組みは素晴らしいです。

 

 

平成最後の年、純米吟醸、吟醸共に開運は、静岡県で第一位に選ばれたそうです。

 

 

イギリス系やフランス系の賞があるそうで。。。
詳しくわからない私にもご説明くださいました。

ワイングラスでおしゃれに飲む日本酒。
うん。素敵です♪

 

 

ご一緒させていただいたKさんは、こちらのイベントの関係で今月、
フランス入りされるとのこと。
ヨーロッパでも注目度が高い日本酒の世界に納得です。

日本の発酵食品は世界で大人気なのですね。嬉しい。

 

 

そして、そして、お楽しみの利き酒体験。

この大きなおちょこ!?をまわしてみんなで味わうということも
私にとっては初めての体験でした。
飲み比べるとまったく違う!!

 

 

酒蔵見学は、現在募集していないそうですが、
社長のお嫁さんが嫁ブログを書かれています。

販売期間限定の夏酒も数量限定で販売されていました。
HPをぜひチェックしてみてくださいね。



味噌ファスティング

コメントを残す