ユニバーサル農業を探検@浜松市

美味しい発酵の世界に魅せられて
今日も探検に出動♪
発酵探検隊長です。

本日は浜松市でユニバーサルデザインで
持続可能な農業を経営されている京丸園へお邪魔いたしました。

 

こちらの京丸園さんの事業理念がこちら↓

 

「働く個人ごとに役割を持て、人との繋がりの中で、

幸せを感じられる仕事づくりを目指します」

 

働く人全てが幸せになれたら、本当に幸せですよね。

 

真ん中でお話されているのが代表の鈴木さんです。

 

 

ユニバーサル農業ってなあに

 

ユニバーサル農業とは、一般的には「園芸福祉」や「園芸療法」として知られているような、園芸作業を行うことによる生きがいづくりや高齢者・障がい者の社会参加などの効用を、農作業の改善や農業の多様な担い手の育成などに活かしていこうという取り組み

以上、浜松市のHPより

  1. 生きがいづくり
  2. 高齢者の社会参加
  3. 障害者の雇用
  4. 農作業の改善
  5. 農業の担い手の育成

違った角度から農業に参加できる人を増やして
農業を通じて豊かに幸せに持続可能な社会を作ることを目的に
経営されていらっしゃるそうです。

 

みんなで支え合う農作業の雇用状況

 

 

Q:どのように賃金をきめているのですか?

おお、いきなりこの質問ですか。

A: 最低賃金の減額の特例を受けている。
労働基準監督署から派遣された監督員によって
判断された基準に従っています。

なるほど。。。
労働基準監督署にそういった部署があることは
しりませんでした。

補助金の制度を活用され、新しい雇用を作るきっかけに
なさるところもあるそうです。

 

今回、私たちのあとにバスでいらしていたのは養護施設の先生方でした。

卒業生がどんな場所で働けるのか、
真剣にご質問されていました。

 

 

 

毎月1度、農業見学の日があります。

地域活性化やSDGsの観点から
ユニバーサルデザインを考えている方は
ぜひ訪れてみてくださいね。

私も、こんな素晴らしい農業で発酵食品を作れたら
最高だなとワクワクしてしまいました。

 

 



味噌ファスティング

コメントを残す